[ハセガワしんかい6500 UPしました]

ハセガワしんかい6500 完成です
ギャラリーにもUP完了してますので
よかったら見てやってください(^_^)
6500_blog.jpg

コチラです⇒  [ハセガワ1/72:しんかい6500] 

小スケールゆえ省略されてるモールドがあったり
ボディと一体化してる部品の塗り分けも多少ありますが
逆にその小スケールのおかげで完成後はあまり気にならず
コンパクトにまとまっていて良いキットだと思います(^_^)


え?例のデカールどうしたかって?


そのままです(笑)
スポンサーサイト

[ちょっと!ハセガワさ~ん\(*`∧´)/]

しんかいはデカールを貼り終わりました
乾燥を待ってデカール保護のクリアー吹いたら完成です(^_^)

で、そのスミイレなんですが
塗装後にスジボリが埋まり気味になりスミが流れ難いので
あらかじめ掘り直しておくことをお勧めします

あとこのキットパーツに結構バリがありますご注意ください

そのせいか説明書の③工程の
C3とC4を組んで本体に組み込む際に
ちょっと変なテンションかかりますので
入念に摺合せをした方がいいと思います
6500_014.jpg

しかしこのキット最大の欠点はデカールです!

船体上部のカーキ色部分のデカールが三分割になってて
一枚目をこのように頭から合わせて隙間の無いように順に貼っていきます
6500_015.jpg


二枚目
6500_017.jpg


すると

 ・

 ・

 ・


最後全然足りないじゃんッ!!!\(*`∧´)/ 
6500_016.jpg

垂直尾翼両脇に2個づつ小さいある丸い穴は全然合ってないのに
その前方の燃タンのキャップみたいなのの穴は合ってるという、、、


チョッと~!ハセガワさ~んッ!!ヾ(。`Д´。)ノ

[ドラ組み中&しんかい塗り中]

焼き餅、お雑煮、黄な粉餅、なっとう餅、ぜんざい、etc、、
年が明けて6日、、気が付けば餅ばっかし喰ってる(笑)

まぁ、好きだからいいけど
親戚にいっぱい貰ったんでまだまだ残ってます(;´▽`A``

ドラッツェはちょっとした補修やリタッチなんかを乗り越えて
やっとメタルパーツを取り付けつつ組み立ててます
今日中に終わる予定(^_^)
dra_c_018.jpg

改修中に合わせてバッチリだったメタルパーツを
塗料皿や箱に入れ保管してるはずなのになぜか必ず無くなる(笑)

デカールやフラットコートの乾燥時間なんかの空き時間を使って
しんかい6500も進行してます

1/72なのでボディと一体化してる補機類や
アーム部分なんかの塗り分けを筆でチマチマと、、

自作したサンプルバスケットはこんな感じになりました
まぁまぁいい感じだと思うんですが(^_^)
6500_007.jpg
全体が真っ黒なのやネットだけ緑のとか何パターンかあるようですが
真っ黒のにしました

ベースは100均の「ペーパータオル立て」の縦棒を引っこ抜いたものに
スチレンボードで骨格を積み上げて周りをマスキング
スチレンボードが黄色いのは
お店でレイアウトに使われて捨てられたものだからです(;^_^A
6500_011.jpg 6500_012.jpg

そこに100均のタイル目地補修材を固めに溶いて盛ってやりました
乾燥する前にプラ板で自作したネームプレートと
キットの飾り台の支柱を刺して固定しました
6500_013.jpg

正月休みもあるしシンプルなキットだし
こりゃバンダイの1/48が発売される前に完成させられるぜ~!って思ったが
とんだ思い上がりでした、、ハハ(^▽^;)

[ハセガワしんかい6500始めました]

それでは前回言ってたもう一つネタを、、、

ハセガワ 1/72「有人潜水調査船しんかい6500」
6500_000.jpg
バンダイの1/48だけ買おうと予約はしてあるんですが
見ているうちにサイズ的にサクッとヴィネットにするのには丁度いいなぁ、、
などと考えてるうちに買ってしまいました(;´▽`A``
ランナー3枚、覗き窓はクリアーパーツになってます
それにデカールとファイルがついてます

小ぶりで手頃な手の平サイズ(^_^)
6500_001.jpg

1/72ですし素組みで完成させようと思ったんですが
一か所だけ気になるところが・・・
それはアームで採取した物を入れるサンプルバスケットです
実物はこのようにバスケット全体がネットになってます
6500_010.jpg
しかしキットのバスケットはというと抜きの関係でしょうか
底にはかろうじてネットのモールドがあるものの
周りはこんな感じにツルツルの板になってます
ここはビジュアル的にも目立つ所ですしなんとかしましょう
6500_002.jpg
そのバスケットのネットのフレームなんですが
色々調べてみると調査で破損して作り直したりしているのか何パターンかあるようです
一番分かりやすかった画像を参考にして自作する事にします
といっても全体を作るのは大変なので底と基部は残して外周だけ作り変えます
その残した底板を基準にしてエバーグリーンのプラ棒でフレームを組んでいき、、、
6500_003.jpg

内側から市販メッシュを貼ってこんな感じに、、
メッシュはいつ買ったかもう覚えていないほど放置してあった「黒い金網」です
6500_004.jpg

アームと合体させて本体に組んでみるとこんな感じです
サイズが小さいので雑っちゃぁ雑ですけど
ツルツルのただの箱よりは雰囲気出たのではないかと(;^_^A
6500_005.jpg

あと垂直尾翼が分割されているので接着後継ぎ目を消しました
で、ここには丸い凸モールドがあるんですが
多分デカールを貼るガイドじゃないかと思ってそれも消しました
6500_006.jpg

本体はこんな感じで終了、ベースに掛かります(^_^)

Pagination

Utility

Flashカレンダー

プロフィール

[A'kkiy]

Author:[A'kkiy]
HOME:北海道道東
BLOOD: -B型-
キャラ物8割、他2割で
浅く長く楽しく作ってます(^_^)
父の影響で子供の頃から作り続けて30年余、
未だ父の域に達せず、です。

フリーエリア

Youtubeチャンネル 管理人HPです お世話になってます(^_^) 釧路駅前模型店 更新チェック

FC2カウンター

最新トラックバック

カテゴリ