[青に泣く、、]

ギラズール撮影中です
白は白で飛んでしまい大変ですが
赤を加えた紫寄りの青も難儀なもので
中々現物の色が画像に現れなくて既に泣きそうです(笑)
引き続きガンバリマス(^_^)
geara_zelu_023.jpg

で、最近入手したマテリアル、

GSR溶着剤です
material_020.jpg

まずオイル缶のようなイカス容姿にグッときて、
さらに"接着"ではなく"溶着"と言うところに惹かれますね、
"蒸着"だったら宇宙刑事になってしまいます

丁度Mr.セメントSが切れ掛かってた時に
noriさんが紹介されていて釧路じゃ売ってないだろうなぁ、、
と思ったら置いてたので即GETしました

Mr.セメントより若干揮発は早いように感じます
ですが一呼吸接着位置調整の自由度があると言うか
接着後に位置をずらせる瞬着と言う感じ?
説明しづらいですが結論は「超使える」です(^_^;)

これだと本家瞬着は傷埋め要員になりそうでね(笑)

GSRにはハケが付いてないので空いたMr.セメントの瓶に移して
残りは「油断したらすぐ揮発するよ」と言われたので
ガッチリ蓋を閉めて冷暗所に保管しました

Mr.セメントが40gに対してGSRが100g、
揮発してなくならない限り数年持つでしょうね、

あ、倒すか~(笑)
スポンサーサイト

[完成間近!、かな?]

今日は「ザボーガーか!(笑)」などと"W"を見終わって
のんびりズールにフラットなぞ吹いてますと荷物が届きまして、、
zakki_001.jpg

ホビージャパンからこんな大きい箱なんだろ?
と、開けてみると、、、

一次審査通過記念品のザクでした!
zakki_002.jpg

ダンボール箱デカ過ぎ!(笑)

でも待てよ、、、
リアルタイプザクじゃなかったっけ?
と思いつつもこれも開けてみますと、、
シャアなのは箱だけで成型色はリアルタイプでした(笑)
zakki_003.jpg

で、そのズールは午前中に吹いたフラットのコートも乾燥したので組み立て中です
ここら辺から俄然テンション上がりますね~
geara_zelu_021.jpg

例のレリーフはマスキングを剥がすと案の定(/TДT)/な状態でして根性のリタッチ!
タミヤエナメルの艶ありブラックを希釈してルーペ越しに面相筆塗りでホワイトの形を整えてやりました、
多少の筆ムラが残りましたけどこれくらいならフラット2回吹きで目立たなくなるはず!!
と根拠の無い確信を頼りに2回コートしたのがこちら、、
geara_zelu_020.jpg

どうでしょ?まぁ許せるレベルじゃないかと、、
現物もっと小さいしね!(笑)

完成見えてきました、
じゃ、また組みに戻ります(^_^)

[一気に塗りました~]

前回はありがとうございました~
まだまだ染みますが
口の中のクレーターは収束に向かいつつあります(^_^)

今朝は表に出て「寒ッッ!!」、
と思ったら今季最低気温マイナス17℃でした((>д<))
裏道の路面なんて前日の昼間に融けた轍が凍って超危険です
なんせ対向二車線なのに轍3本ですからね~、
真ん中1本を譲り合いで、、裏道マジ危ないです(笑)

こんな日は出かけずに家でプが1番です、
ズールは一気に塗装→強制乾燥、スミイレまで終わらせました
geara_zelu_019.jpg

で、ご覧の通り青くしちゃいました
ドーガで言うとレズン機みたいな感じです
あ、デカールも全部じゃないけど貼ってますね、、

そして今回の最大難関、
レリーフのマスキングしたところで力尽きました(笑)
geara_zelu_018.jpg

ここを超えたら終わったも同然なんですが
これ後で結構リタッチありそうな感じプンプン(^_^;A)

明日からチョッと遠い現場なので
チョッとペース落ちるかも、、、
と言ってももう一息だし明後日は日曜日だし
なんとかなるでしょ!

気合一発ホワイト塗りたいところですが明日早出なので寝ますm(u_u)m

[口の中が、、、でもサフ吹きました]

右側に派手な口内炎が出来たので気を付けながら食べてたら
左の内側をガッツリ噛み切りました、、(T^T)

食べても、飲んでも、喋っても、歯磨いても
そりゃもう、、、、、(_ _。)

まぁそんなこんなで
泣きながらギラズールサフまでいきました(笑)
geara_zelu_011.jpg

こう見えて結構パーツ数があるんですね
持ち手総動員で8粘土使いました

前回記事からサフまでにやった作業は
geara_zelu_013.jpg
①シールドに1ミリプラ板で装甲追加、
 ヒートホークの底部を市販スパイクでトンガリ化
②ブレードアンテナのシャープ化
③リアアーマー裏に簡単な補強フレーム
④フクラハギに小スラスター追加

と、どれも簡単なディテ追加ばっかりです、、(^_^;)

あと胸のフックリングモールドを削り落として真鍮線で作ってみました、、
geara_zelu_012.jpg

ええハイ、お察しの通りこれ二つ揃うまで10個以上無駄になってます(T^T)
個人的には無くてもいいんですがこの機体のチャームポイントの1つかと思い頑張ってみました(笑)
肩上面の継ぎ目は脇と同じく段落ちに処理して
両側には簡単なスジボリも追加しました

と、サフも吹き終わりまったりしてると友人が遊びに来て
作品持参で「こんなん出来ました~」と、、

アオシマ製クラウン、ローダウンエアロ仕様
craun001.jpg craun002.jpg

現行のクラウンってこんなにスポーティなフォルムなんですね~!
"いつかはクラウン"(←何年前だ!)の角ばったイメージで止まってたんでチョッとビックリしました(笑)
ホイールがまた一昔とは比べものにならない精度と再現度でこれまたビックリ、
お値段張るだけありますね~、

いいテカリ~(^_^)
craun003.jpg

今年はカーモデルも作りたいと思ったいたところにいい刺激を頂きました(^_^)

[ギラズール組んでみました]

さぁケルディムの続きを、、、
と思ったら正月ボケでケルディムのパーツを請求するのをすっかり忘れてた、、、
早速注文してきました(^_^;A)

そんな訳で浮気してギラズールをサクっと組んでみました
と言っても実は今もうサフ直前なんですが(笑)
geara_zelu_001.jpg

袖などにリレーフがあるわりに全体的に量産機然としてていいですね、
ガスマスクづらは嫌いじゃありません
派生機コンペとかやっても面白そうです

組み立ててて、おおッ!!と思ったのが肩アーマーの取り付け方法
アーマー自体は真ん中から分割されてて継ぎ目消しが必要ですが
肩のアーマーの受けが従来我々ユーザーが後ハメ加工していた形になってます
geara_zelu_003.jpg

これならアーマー接着処理しちゃってもOKですね
買ってないから分からないんですが
もしかしてすでにギラドーガもそうだったの?

で、武器類が充実しているのはカッコよろしくて嬉しいところですが
ことごとくパーツ同士の"テンション"で保持するようなっているので、、、
geara_zelu_010.jpg

①シュツルムファーストはネオジム磁石で
②手榴弾は市販パーツで上から差し込むように
③ヒートホークはフック式にして引っ掛けるように
それぞれ塗面に優しい仕様にしました(^_^)

各部にある白丸モールドは塗り分け対策として
2.5ミリピンバイスで開口してモビルパイプを差し込むようにしました
geara_zelu_007.jpg

両肩のマル凹モールドも開口してメタルマイナスを埋め込み
モノアイはシールドパーツにHアイズを埋め込みました
geara_zelu_008.jpg

で、あとバーニア類、、
スネ両側バーニアは開口後裏蓋をして
市販パーツとメタルパイプを組み合わせた物に置き換え、、
チョッとスジボってます
geara_zelu_005.jpg
geara_zelu_009.jpg
足裏のバーニアは片側に小型のが4機ありますが
周りを切り抜き大型バーニア1機にしてみました
周りは市販パーツとプラ棒などでゴチャっと、、、

なんかサクサク進んで楽しいです
ケルディムのパーツが届くまでに出来るとこまでやっちゃいます(^_^)

[予想外の出来事]

ご心配お掛けしましたが
雪カキのダメージもすっかり9割方抜けました(^_^)
腰痛の方は持ちつ持たれつで付き合って行かにゃならないんで付き合い方も心得てるんですが
肩、肘は急に来るんでね~、でももう大丈夫ですので!
でもTVで来週また荒れるんで注意しろと、、(/TДT)/

しかし凹む事ばかりじゃなく
年明け早々嬉しい想定外の出来事が!

何時もメタルパーツを購入させて頂いてる [HIQparts]様 から
銅賞入賞の記念にとディテールアップパーツを頂きました!(^_^)

それも、なんと!

シナンジュセットです!!! 

まずバーニア全個数分(全22個!!)のアルミ製バーニア(SVバーニアスターターセット)
material_016.jpg

そして動力パイプ用メタルパイプ4ミリ必要数と足首用シリンダーシャフト
material_015.jpg

頭部バルカン用パイプと小スラスター用にデュアルパイプ1.5ミリ
material_013.jpg

さらに「おまけです」とフットバーニア3種!!
material_014.jpg

普通に買ったら軽く諭吉君がサヨナラして行く数です!
シナンジュ1年寝かせておいて良かった~(笑)
ありがとうございます!頑張って完成させます(^_^)

あと今後ご好意で新製品リリース毎に試供品として送って頂ける事になりましたのでその都度ブログで使用感など紹介させて頂きますね(^_^)

で、今回は2アイテム、
まずは「ドット迷彩用マスキングテープ」
material_011.jpg

この写真ではただの黄色いシートにしか見えませんね
じゃ拡大してみます(↓クリック!)
material_010.jpg

と、こんな感じにドット用の切れ込みが入っていて剥がして貼るだけというものです
シートの感じはタミヤのマスキングテープと同じような質感で
左からL(1/60.1/100.).M(1/100.1/144).S(1/144.1/35)となってます
でもこれは目安なのでサイズに関係なく好みで使い分けてもいいですね(^_^)

もう1つは「ツインサークルⅡ」
material_012.jpg

ガンダム系の踝などの関節部に見られる通称"丸一"用パーツの新バージョンです
以前のは3パーツでしたが新作は丸一部と内部との2パーツ構成です
material_017.jpg

組み合わせるとこんな感じです
段落ち・スジボリなどシャープで情報量が多くカッコいいですね~
material_018.jpg

サイズは5ミリ~13ミリと豊富なのでガンプラ以外にも使えそうですね(^_^)
material_019.jpg
ウチのサイト、リアルスケールのRX-78が無いので
こーいうのが目の前にあると俄然ガンダム作りたくなりますね~(^_^)

[ユニコーンヘッドupしました]

いやぁ~荒れましたね昨夜は、、
今朝起きて駐車場見たら1面銀世界!
車の置いてある所は雪の陸続きになってて其処だけ盛り上がってる状態(/TДT)/
yukikaki.jpg

愛車の全高が1メートルとチョイなんで余計なんですが、、
もうしばらく雪カキは勘弁、、(´д`lll)

そんなこんなで肩も腕も腰もやられちゃってるんですが
頑張ってユニコーンヘッドディスプレイUPしました!
unicorn_021.jpg

今年1発目の完成品です(^_^)
1発目と言いつつも本当は2009年最後の完成品としてアップする予定でやってたので8割は去年の作業、、
だから正確には"半発目"です(^_^;A)
宜しかったらこちらからTOP画クリックでどうぞ~(^_^)
       ↓ 
[A'style work's]

以前書いたようにユニコーンモードは捨てて
デストロイモードオンリーのLED発光仕様モデルです

ギャラリーにはUPしてませんが下面はこうなってます、
unicorn_020.jpg

十分なスペースが有るとは言え雑な配線ですね
性格が現れてます、、(^_^;)

スイッチは裏面のスリットの隙間にゼリー瞬着で固定しました
unicorn_019.jpg

ザンライザーみたいにリサイクルショップに200円で売ってたら
今度はユニコーンモード固定で作ってみたいです(^_^)

、、でわ、、、湿布して寝ます、、(w_-;

[映画の日だったので、、]

  • 2010/01/03 23:59
  • Category: 映画
一昨日の事ですが映画の日なので映画館へ、
2本観て来ました!

1本目は『アバター』
avater002.jpg

3時間近い超大作です
全体を通しての雰囲気はワンピースの"空島編"のような感じで
そこにナウシカの世界観をミックスしたような作品でした
ストーリーとしては定番で先の展開もまぁ読めてしまいますが全然楽しめます!
CGで描かれてる惑星パンドラの先住民"ナヴィ"は爬虫類のような質感と尻尾や大きな金色の瞳と最初は違和感を覚えますが結構前半で世界観共々慣れます
そのうちにナヴィのヒロインのネイティリも可愛く見えてきますから大丈夫!
特に私のようにアニメや特撮好きな人なら耳や尻尾に抵抗無いでしょ(笑)
と言うわけでパンドラの生物との戦闘シーンなど迫力があり劇場鑑賞オススメです(^_^)

ところでこの作品も"カールおじさん"みたいに2D版と200円高い3D版が選べるんじゃなかったでしたっけ?
釧路は2Dオンリーでした
キャメロン監督は「もう3Dしか作らん!」と言ってるそうですが
ソフト側がそー言っても劇場などのハードがまだまだ対応出来てないんですね
しかもあのメガネを掛けると飛び出す映像体験と引き換えにCGの鮮やかな色彩やディテールがスポイルされるとか
フィットしにくく気になるなどあまり評判も芳しくないようですしね、
私は2Dだけでいいんだけどなぁ、、

2本目は『ワンピースSTORONGWORLD』
onepiece.jpg

ワンピースの劇場版は今まで見た事が無いんですが
今回は原作の尾田っちがストーリー、デザイン含め全監修と言う事と
先着鑑賞プレゼントの"ワンピース0巻"で観に行こうと思ってたんですよね~、
でも0巻が品切れだったので増版を待って昨日観て来ました、

これがその0巻です        
DSC_0059.jpg

薄ッ!!(笑)
DSC_0047.jpg

オマケですからね(^_^;)

え~、で、なんで二冊あるかと言うと
友人のneneさんも私より前に観に行ってて貰ったんですが、、、、、

neneさんの方が台詞違いのレアバージョンでした!(≧▽≦)

左がジャンプ掲載時、右が台詞違い版、
DSC_0053.jpg DSC_0048.jpg

新聞記事の見出しもチョッと違います
DSC_0050.jpg DSC_0055.jpg

で、この0巻は映画のプロローグ的なお話なので
ジャンプ連載時に読んでない方は映画を見る前に読む事をオススメします

さて肝心の映画本編ですが、、、
この作品は観客の多くが結構期待して入場したのではないかと思いますが私もその1人です

で、結論は、、、

やっぱりワンピースは原作漫画だけでいいなぁ、、と、、(^_^;A)

-PS- 
私と同じく道産子モデラー(と言ってもあちらは都会です(笑)
オラザク銀賞の "やすりがけ"今野さん と相互リンクさせて頂きました(^_^)
またも大物!1/60PGで06R作られてます!凄い方です(^_^;)

じゃ、ユニコヘッド仕上げます!

[謹賀新年2010]

新年あけましておめでとうございます(^_^)
拙いブログですが今年もまたよろしくお願いします!

今年も興味のあるコンペには積極的に参加していきたいと思ってますので、
主催者様にはまたお世話になると思いますが皆さんよろしくお願いしますね(^_^)

では早速2010年1発目のプの状況など、、

去年の暮れにどっかのオッサンが作り納めなどとぬかしてた付録ユニコーンヘッドですが結局完成せずで、、(^_^;A)
でも年末にもボチボチやってたのでデカールまで終わってます、
デカールはMGユニコーン用のガンダムデカールを使いました、

外見上の改修は角を尖らせただけです
unicorn_001.jpg

これはデストロイモード固定で仕上げます
理由はユニコーンモードの時に角の先端がピッタリ付かないのが気持ち悪いから(笑)

で、どっちかに固定するならデストロイにして光らせてみようと!
キャラクター的に光漏れも全然OKだし!(笑)

で、その発光には100均のLEDキーライトを使いました
material_007.jpg

カバーを外してしてみると流石100円、LEDから伸びてる線を接点金具共々電池にセロテープで留めてるだけの超単純構造です
material_008.jpg

これの本体をカットしてヘッド内のLED固定用と電池BOXとして使います
material_009.jpg

ヘッド内には後頭部あたりにアルテコでがっちり固定しました
アルテコの取り説にはポリエチレン系は無理!って書いてありましたが叩いても取れないんでOKです
unicorn_004.jpg

もう1方は片面にプラ板を貼り電池が外れない感じに厚みを調整してやり
真ん中に穴を開けて線を通しハンダを盛って接点としました
unicorn_005.jpg

発光させるとLEDは結構光量があって中々いい感じです(^_^)
unicorn_003.jpg

でわ次回は完成記事で!

あと昨日のK-1の感想なんかを"Read More"に、、、

Pagination

Utility

Flashカレンダー

プロフィール

[A'kkiy]

Author:[A'kkiy]
HOME:北海道道東
BLOOD: -B型-
キャラ物8割、他2割で
浅く長く楽しく作ってます(^_^)
父の影響で子供の頃から作り続けて30年余、
未だ父の域に達せず、です。

フリーエリア

Youtubeチャンネル 管理人HPです お世話になってます(^_^) 釧路駅前模型店 更新チェック

FC2カウンター

最新トラックバック

カテゴリ