[バンダイノンスケール/ギシン軍重機動メカ[パンドラ] /003]


さっき見てきたら参加者が50名超えてました、スゴ・・(;^ω^A
作品未定の方もいらっしゃるんですが今のところネタカブリは無いようでした(笑)



2キットとも全パーツの工作が終わりまして
持ち手に付けて塗装直前まできました
ほぼ塗り分けがないため塗装の妨げにならない程度に出来る限り接着してるので
1キット1粘土に納まりました、MGとえらい違いですね(笑)
pandora_008.jpg


明日からガシガシ塗っていきます


それではまた('-^*)/

スポンサーサイト

[バンダイノンスケール/ギシン軍重機動メカ[グルダー] /002]



継ぎ目処理は面倒ですがパーツが少ないので
意外とストレスフリーでやってます、どんどん進めましょう(^_^)



肩で挟み込みの腕は付け根を切り欠き後ハメ加工しました
でもユルユルなので瞬着でテンション調整してます
gurudar_004.jpg


バーニアには市販パーツを貼り付けました
gurudar_005.jpg


とりあえずはこんな感じであとは表面処理ですね、
パンドラとまとめてサフ吹きます


それではまた('-^*)/

[バンダイノンスケール/ギシン軍重機動メカ[グルダー] /001]

ホンダの軽スポーツカー「S660」が2割増産ですか、
出る軽出る軽、判で押したようにハイト&低燃費ばかりで
いい加減辟易してたオジサンは私だけじゃなかったんでしょかね~
私は買えないですけど(笑)

カプチーノ~ビート~AZ-1の流れみたいに
ほかのメーカーも続くと面白いのにね




さてさて
尻に火が点かないと動かない悪癖故に早めにスタート切ったんですが
パンドラさんがそこそこいい感じに進んでるのでもう一丁いってみます

コイツも同じく「六神合体ゴッドマーズ」に登場する敵、
ギシン軍の重機動メカで"グルダー"といいます(^^ゞ
何とも言えないデザインでこの機会を逃したら
永遠にお蔵入りになりそうなので仲良くコンペ出撃させます(笑)
gurudar_000.jpg


例に漏れず表面がうねってる上に押し出しピン跡やヒケ穴が満載です(-_-;)
gurudar_003.jpg


穴にゼリー状瞬着を盛って根気よく320→600→800と表面処理します(奥処理後)
gurudar_002.jpg

そしてさっとパーツと説明書を確認したら仮組み無しでビシバシ接着していきます
そのまま接着するとスジボリやディテが合わなくなってしまうので
ダボ・ピンのピンは全て切り落としクリップで挟み
ほど良いところに合わせてサラサラ接着剤を流し込む感じで

gurudar_001.jpg


それでも結局はキチっと合うことなんて無いんですけどね(笑)
ま、のんびりやっていきましょう(^-^;

それではまた('-^*)/

[バンダイノンスケール/ギシン軍重機動メカ パンドラ /002]




昨日「ウチで三機目の~」

と、書きましたが四機目のゴッドマーズメカでした(^▽^;)

左から「バキューム」「コールガッチ」「バルバラ」



画像クリックでギャラリーに飛べますので宜しかったらどうぞ(^^)


で、四機目のパンドラさんどんどん進めましょう(^-^;

何時もの旧キットコンペ制作方針どおりキットを尊重する方向で進めていきます

とにかくパーツが合わないので
接着→継ぎ目消し→段差調整→スジボリ復活の繰り返しです(-_-;)

で、接着乾燥待ちの間に各パーツをやっつけていきます

まずこの頭(?)
キャノピーみたいな面にドーンとヒケの穴が開いてたので瞬着で埋めてやり
周りのラインもダルかったので塗り分け易いようニードルでカッチリ彫ってやりました
pandora_006.jpg


本体左右の羽根の付く所はダボピンや凹みも無く薄っすら線があるだけです
その線も歪んでるんですが(^▽^;)
pandora_005.jpg


このままでは接着しずらいので
羽根が収まるように1.2㎜タガネで線に沿って彫ってやります
pandora_004.jpg


赤いなにやら発射口らしき部分は
内部が丸見えなのでモビルパイプを仕込んで二重にします
pandora_003.jpg

バーニアというか噴射口らしき部分はリューターで肉厚を調整しました
pandora_007.jpg

こんな感じで地味ぃぃぃにコツコツやってます(^-^;


それではまた('-^*)/

[バンダイノンスケール/ギシン軍重機動メカ パンドラ /001]


実は密かにまた「アカブの肉球」様の旧キットコンペに
エントリーさせていただいてます(^-^)



今回参加人数が凄くて何時もの如く腰引けてます(^_^;)
締切も残り一か月に迫ってきたのでボチボチとりかかろうと思います


要員はコイツ
アニメ「六神合体ゴッドマーズ」に登場する
敵ギシン軍の重機動メカで名前を"パンドラ"といいます
ウチでコールガッチ、バキュームに続き三機目のギシン軍メカです(笑)

PANDORA_000.jpg

パーツが小さいうえあまりの合わなさにいつもの「マスキングテープ仮組み」もままならず
都度調整しつつ接着していってます(^^ゞ

PANDORA_001.jpg

この手のキットは継ぎ目消しと表面処理との持久戦なので
のんびりやっていきます(^_^;)

それではまた('-^*)/


[バンダイ1/144HGBF トランジェントガンダム/007(完成)]


サクっと完成だぜ!
などと意気込むも開始から一カ月という手の遅さ・・(^-^;

宜しかったら見てやってください(^^ゞ


素立ち前後
ホワイトはガイアのピュアホワイト100%
白一色で塗装は簡単に思えたんですが胸周りが結構込み入ってて
思いのほかマスキングが面倒でした(^^ゞ

hgbf_tran_gundam_fff0004.jpg hgbf_tran_gundam_fff0005.jpg

ビルドバーニングガンダム同様に今回もデカールは貼ってません
なんとなくこのシリーズの機体にデカールって感じがしないんですよね(^^ゞ

hgbf_tran_gundam_F001b.jpg

付属の武器はこの二本の「GNパルチザン」のみです
バックパックのクリアーパーツ共々先端を鋭く整形してクリアーブルーを吹きました

hgbf_tran_gundam_F002b.jpg

シンプルな機体で付属の武器もパルチザンだけなので
塗装剥げにあまり神経質にならずにポージング出来て撮影も順調に(^-^)

hgbf_tran_gundam_fff007.jpg

hgbf_tran_gundam_F005b.jpg

hgbf_tran_gundam_fff0006.jpg


上半身に集中してるトゲトゲなデザインにはすべて安全対策が施されてるので
削り込みやプラ材を補充したりして先端を尖らせてやりました

hgbf_tran_gundam_F006b.jpg


スタンドが付属してますが直立で角度調整が出来ないのが残念(^-^;
きれいに整面してガイアのメカサフヘヴィを吹きました

hgbf_tran_gundam_F003b.jpg

そんなわけで「HGBFトランジェントガンダム」でした
最後までご覧いただきありがとうございました
それではまた('-^*)/

[バンダイ1/144HGBF トランジェントガンダム/006]


昨日、、「日曜日仕事に出たし明日は雨だからゆっくり休むべ」、、、

って言ったじゃないかーーーーー!


昼前中に雨が上がってしまい突然のお仕事メール・・・
朝からすっかり「休みモード」になってる体を引きずって行くと
相棒共々速攻でカモメに爆弾落とされテンションだだ落ち
さらにそこそこハードな態勢での作業で腰が・・・・と散々な半日でした(´д`lll)


そんなわけで
なんとか無事組み上がりましたが、撮影する時間はありませんでした(^^ゞ
hgbf_tran_gundam_0019.jpg


只今絶賛撮影中です


それではまた('-^*)/

[バンダイ1/144HGBF トランジェントガンダム/005]


今日は午後から降りそうな気配だったんですが天候が踏ん張り、
普通に終日まで仕事だったので完成とはなりませんでした(^^ゞ

そんなわけでトップコートの終わったパーツを組んでいきます
と言っても組むだけなので書くほどの事でもないんですが(^^ゞ


クリアーパーツの下にはキット付属のシールを貼ります

hgbf_tran_gundam_0017.jpg



結構いい感じに反射しますね

hgbf_tran_gundam_0018.jpg



さらにどんどん組んで行きましょう

hgbf_tran_gundam_0016.jpg


ゴール目前、もう一息です(^-^)

それではまた('-^*)/

[バンダイ1/144HGBF トランジェントガンダム/004]


さて連休を挟みすっかり旬を逃がした感の
トランジェントガンダムの続きです
「トランジェット」ではなく「トランジェント」です気を付けましょう(^^ゞ

ところで気になったので「トランジェント」を調べてみましたところ

直訳で「一時の、瞬間的な、はかない」と言う類の意味で
他にAVの世界では「過渡応答」と言って
元の信号に余計な成分が付かず、
瞬間的な信号の変化にもすばやく追従できるという意味らしいので
なるほど素早い機体に似つかわしいネーミングだったんですね~

連休前後の仕事の立て込みにやられて疲労困憊でしたが
ボチボチとは進めていまして
いきなりですがトップコートまで終わってます
ホワイトはガイアカラーピュアホワイト100%です
hgbf_tran_gundam_0013.jpg
塗装前の画像とほぼ変わらん・・(^^ゞ


フレーム系はメカサフヘヴィを吹き
先端を整形したクリアーパーツにはクリアーブルーを吹きました

hgbf_tran_gundam_0014.jpg

付属のベースはクリアーブルーでオモチャっぽかったので
余分な突起を切り取り整形してメカサフヘヴィを吹きました

hgbf_tran_gundam_0015.jpg


明日から天候が悪い感じですから
雨で仕事が休みになったら組み終わるでしょう!(多分)



それではまた('-^*)/




Pagination

Utility

Flashカレンダー

プロフィール

[A'kkiy]

Author:[A'kkiy]
HOME:北海道道東
BLOOD: -B型-
キャラ物8割、他2割で
浅く長く楽しく作ってます(^_^)
父の影響で子供の頃から作り続けて30年余、
未だ父の域に達せず、です。

フリーエリア

Youtubeチャンネル 管理人HPです お世話になってます(^_^) 釧路駅前模型店 更新チェック

FC2カウンター

最新トラックバック

カテゴリ